推進工事 下水道工事 株式会社亜細亜

お問い合わせ
株式会社亜細亜 事業のご案内 施工実績 取得免許・許可書 会社概要・アクセス お問い合わせ
TOPページ >> 弊社事業のご案内
一般土木工事
 セイコム(PC-E650)
 スイシン(PC-G850)
刃口式推進工事
推進用機器レンタル



泥濃式推進工法は、掘進機前面のカッタ後方に隔壁を設け
切羽と隔壁の間のカッターチャンバ内に高濃度の泥水を圧送充満し
切羽の安定を図りながら、カッタを回転させて掘削、推進を行う。

掘削した土砂は高濃度泥水と撹拌混合し流動化させ、掘進機内の
排土バルブを開閉することにより、切羽を安定させながら間欠的に
排土する。大気圧下に排土された堀削土砂は、搬送可能な大きさに
選別し、真空力により搬出する。
尚、真空吸引不可能な礫は坑内をトロバケットにより搬出する。


泥水式推進工法は、掘進機前面のカッタ後方に隔壁を設け
切羽と隔壁の間のカッターチャンバ内に泥水を圧送し
切羽の安定を図りながら、カッタを回転させて掘削、推進を行う。

掘削した土砂は泥水と撹拌し、排泥管をとおして立坑内に設置した
排泥ポンプで坑外に流体輸送する。
さらに、排泥水は坑外に設けた泥水処理装置により、
土砂、再利用泥水及び、処理泥水に分離し、再利用泥水は比重調整を
行った後、再び送泥水として循環させ推進する。


土圧式推進工法は、掘進機前面のカッタ後方に隔壁を設け
切羽と隔壁間のカッターチャンバ内の掘削土に、一定の圧力を与え
切羽の安定を図りながら、カッタを回転させて掘削、推進を行う。

この工法には、地山を掘削する掘削機構、掘削土砂の塑性流動化を
促進する添加材注入設備がある。

土圧式推進工法は、掘削土の状態により
土圧推進工法と泥土圧推進工法に分類される。


小口径管推進工法とは、
小口径推進管又は誘導管の先端に小口径管先導体を接続し
立坑等から遠隔操作により推進する工法である。

本工法は、遠隔操作等により掘削、ずり出し又は圧入しながら
推進管を布設するもので、呼び径 700以下の小口径管に用いられ、
掘削方法、ずり出し方法等により多くの方式がある。



▲セイコム 他  (ターゲット3点同時入力可)

▲標準型機

 
ページTOPへ